次世代環境ビジネス 尾崎弘之著

次世代環境ビジネス 尾崎弘之著

自然エネルギーなどの分野に財政を積極的に投入し、新たな産業と雇用を産みだそうとする「グリーン・ニューディール」が世界的に脚光を浴びている。本書は、多岐にわたる次世代環境ビジネスの全体像をまとめた入門書だ。

野村証券からモルガン・スタンレーなど米投資銀行、環境ベンチャーのCFO(最高財務責任者)などを歴任した著者。日本では知られていない海外の次世代環境ベンチャーが続々と登場する。単なる技術面の紹介にとどまらず、どんな事業モデルがあるのか、新たなゲームのルールはどうなるのかなど、ビジネスや投資の視点も明快である。

技術の事業化の難しさも指摘する。とかく日本人は技術さえ優れていれば成功しやすいと考えるが、事実はもちろんその通りではない。IT以上に幅広い先端技術が統合されつつある次世代環境ビジネス。ITやバイオで欧米に負けた日本は新たなベンチャー競争に勝ち残れるか。

日本経済新聞出版社 2940円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT