原油先物が12年ぶり安値からようやく回復

欧米株高が追い風に

 1月21日、原油先物価格が1ドル上昇し、12年ぶりの安値から戻している。写真はストラスブール近郊のガソリンスタンドで2012年8月撮影(2016年 ロイター/Vincent Kessler)

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 21日午後の取引で、原油先物価格が1ドル上昇し、12年ぶりの安値から戻している。1日としては年初来の大幅高となる見通し。

ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が3月の追加緩和の可能性を示唆したことを追い風に欧米株価が上昇する中、ショートカバーの動きが広がった。

1713GMT(日本時間22日午前2時13分)までに、北海ブレント先物<LCOc1>3月限は1.63ドル上昇し、29.51ドル。ただ、1月はこれまでに26%下落しており、月間の下げとしては2008年以来の大きさとなる見通し。

米原油先物<CLc1>は1.54ドル上昇し、29.89ドルとなった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。