原油先物が12年ぶり安値からようやく回復

欧米株高が追い風に

 1月21日、原油先物価格が1ドル上昇し、12年ぶりの安値から戻している。写真はストラスブール近郊のガソリンスタンドで2012年8月撮影(2016年 ロイター/Vincent Kessler)

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 21日午後の取引で、原油先物価格が1ドル上昇し、12年ぶりの安値から戻している。1日としては年初来の大幅高となる見通し。

ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が3月の追加緩和の可能性を示唆したことを追い風に欧米株価が上昇する中、ショートカバーの動きが広がった。

1713GMT(日本時間22日午前2時13分)までに、北海ブレント先物<LCOc1>3月限は1.63ドル上昇し、29.51ドル。ただ、1月はこれまでに26%下落しており、月間の下げとしては2008年以来の大きさとなる見通し。

米原油先物<CLc1>は1.54ドル上昇し、29.89ドルとなった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT