原油先物が12年ぶり安値からようやく回復

欧米株高が追い風に

 1月21日、原油先物価格が1ドル上昇し、12年ぶりの安値から戻している。写真はストラスブール近郊のガソリンスタンドで2012年8月撮影(2016年 ロイター/Vincent Kessler)

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 21日午後の取引で、原油先物価格が1ドル上昇し、12年ぶりの安値から戻している。1日としては年初来の大幅高となる見通し。

ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が3月の追加緩和の可能性を示唆したことを追い風に欧米株価が上昇する中、ショートカバーの動きが広がった。

1713GMT(日本時間22日午前2時13分)までに、北海ブレント先物<LCOc1>3月限は1.63ドル上昇し、29.51ドル。ただ、1月はこれまでに26%下落しており、月間の下げとしては2008年以来の大きさとなる見通し。

米原油先物<CLc1>は1.54ドル上昇し、29.89ドルとなった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。