原油先物が12年ぶり安値からようやく回復

欧米株高が追い風に

 1月21日、原油先物価格が1ドル上昇し、12年ぶりの安値から戻している。写真はストラスブール近郊のガソリンスタンドで2012年8月撮影(2016年 ロイター/Vincent Kessler)

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 21日午後の取引で、原油先物価格が1ドル上昇し、12年ぶりの安値から戻している。1日としては年初来の大幅高となる見通し。

ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が3月の追加緩和の可能性を示唆したことを追い風に欧米株価が上昇する中、ショートカバーの動きが広がった。

1713GMT(日本時間22日午前2時13分)までに、北海ブレント先物<LCOc1>3月限は1.63ドル上昇し、29.51ドル。ただ、1月はこれまでに26%下落しており、月間の下げとしては2008年以来の大きさとなる見通し。

米原油先物<CLc1>は1.54ドル上昇し、29.89ドルとなった。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。