昭和マンガ家伝説 平岡正明著

昭和マンガ家伝説 平岡正明著

ジャズや文学・芸能評論で活躍する著者による初の漫画論考集。戦後に活躍した小松崎茂や六浦光雄から、松本零士、石ノ森章太郎、平田弘史、滝田ゆう、寺沢武一、かわぐちかいじ、安彦良和、富永一朗、西岸良平など、現在も活躍する作家を含め16名の漫画家を取り上げ論評する。

たとえば赤塚不二夫。数多い代表作から「狂犬トロッキー」を選び、赤塚のトロッキー理解は凡庸ながら「狂犬」と銘打ったところに彼の冴えが光ると称する。漫画ファンだったという三島由紀夫の好みを推察し、互いに共通するものとして「サザエさん」やディズニーを批判。新左翼運動の異端児といわれた著者独特の視点で作家の世界観と、「昭和」を読み解いていく。

平凡社新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT