化粧する脳 茂木健一郎著

化粧する脳 茂木健一郎著

人気脳科学者である著者が、カネボウと共同で行った「化粧の本質」についての研究成果をまとめた一冊。

女性はなぜ、化粧をするのか。化粧とは、他者に自分がどう映るのかを意識してするもの。つまり、社会に対して自分をどう提示したいのかを表したものだという。自分を装うことによって社会的な自己像をつくりあげ、その顔を他者に開かれた窓として提供していく。つまり化粧は、そのための重要なコミュニケーション・ツールなのである。

他人に見られているという意識は、自我の構築に多大な影響を与える。そうしたことが人類に高度な社会性をもたらしてきた。著者は、化粧は人間の社会性の象徴だとも論じている。

集英社新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。