化粧する脳 茂木健一郎著

化粧する脳 茂木健一郎著

人気脳科学者である著者が、カネボウと共同で行った「化粧の本質」についての研究成果をまとめた一冊。

女性はなぜ、化粧をするのか。化粧とは、他者に自分がどう映るのかを意識してするもの。つまり、社会に対して自分をどう提示したいのかを表したものだという。自分を装うことによって社会的な自己像をつくりあげ、その顔を他者に開かれた窓として提供していく。つまり化粧は、そのための重要なコミュニケーション・ツールなのである。

他人に見られているという意識は、自我の構築に多大な影響を与える。そうしたことが人類に高度な社会性をもたらしてきた。著者は、化粧は人間の社会性の象徴だとも論じている。

集英社新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT