ネイティブ・アメリカン 先住民社会の現在 鎌田遵著

ネイティブ・アメリカン 先住民社会の現在 鎌田遵著

アメリカ先住民の人口は247万人(2000年国勢調査)で、全国民の0・9%。最も多いのはカリフォルニア州で33万人が住む。州人口比では1%だ。都市別ではニューヨークが最多で、4万人強が暮らす。

連邦政府が承認する先住民の部族数は562。居留地は320あるが、すべての部族がこれらの居留地に住んでいるわけではない。その多くは居留地や都市部の「辺境」に居住し、黒人やヒスパニックよりさらに高い割合で貧困層に属している。アルコール依存症の割合は全米平均の5倍という。

先住民社会と接して17年の、少壮のアメリカ研究者が先住民の歴史、文化、社会を多角的に考える。

岩波新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT