偽善の医療 里見清一著

偽善の医療 里見清一著

日本の病院が患者を「患者さま」と呼ぶようになったのは、厚生労働省が「患者の呼称は様を基本とすべし」という通達を出したからだそうだ。現役の臨床医である著者はこれを「偽善」と喝破する。医療がサービス業になれば医療従事者の士気は下がり、やがては職業倫理が消滅すると。

著者によれば今や患者の当然の権利とマスコミがあおるセカンドオピニオンも、現実には医師も患者も疲弊させるだけ。ほかにも病名告知やインフォームドコンセント、ホスピス、病院ランキング等々、世間的には良識とされる医療にまつわるさまざまな行為に対し、時に挑戦的な言葉をぶつけながら本音でありのままに語り、現代医療をめぐる問題を提起する。

新潮新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。