偽善の医療 里見清一著

偽善の医療 里見清一著

日本の病院が患者を「患者さま」と呼ぶようになったのは、厚生労働省が「患者の呼称は様を基本とすべし」という通達を出したからだそうだ。現役の臨床医である著者はこれを「偽善」と喝破する。医療がサービス業になれば医療従事者の士気は下がり、やがては職業倫理が消滅すると。

著者によれば今や患者の当然の権利とマスコミがあおるセカンドオピニオンも、現実には医師も患者も疲弊させるだけ。ほかにも病名告知やインフォームドコンセント、ホスピス、病院ランキング等々、世間的には良識とされる医療にまつわるさまざまな行為に対し、時に挑戦的な言葉をぶつけながら本音でありのままに語り、現代医療をめぐる問題を提起する。

新潮新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。