偽善の医療 里見清一著

偽善の医療 里見清一著

日本の病院が患者を「患者さま」と呼ぶようになったのは、厚生労働省が「患者の呼称は様を基本とすべし」という通達を出したからだそうだ。現役の臨床医である著者はこれを「偽善」と喝破する。医療がサービス業になれば医療従事者の士気は下がり、やがては職業倫理が消滅すると。

著者によれば今や患者の当然の権利とマスコミがあおるセカンドオピニオンも、現実には医師も患者も疲弊させるだけ。ほかにも病名告知やインフォームドコンセント、ホスピス、病院ランキング等々、世間的には良識とされる医療にまつわるさまざまな行為に対し、時に挑戦的な言葉をぶつけながら本音でありのままに語り、現代医療をめぐる問題を提起する。

新潮新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT