小説 ピカソの復讐 山元清則著

小説 ピカソの復讐 山元清則著

主人公は将来を嘱望される新進画家だったが、恩師の陰謀により盗作の濡れ衣を着せられて美大を追われる。絵筆を捨てた苦難の生活の果てに復讐を果たそうとする心の葛藤、画商として成功する中での復讐の顛末、そして一大美術プロジェクトへの挑戦という2部構成の長編小説である。

美術商の著者はこれまでに美術解説書などをものしているが、美術界への啓蒙という目的をより効果的に果たすには小説の形をとるのがよいと考えたという。美の世界にうごめくスキャンダル、さらに人間の弱さ、醜さを描くことで、逆に究極の美としての絵画の持つ力を浮き彫りにしようという狙いだろう。

もっとも前半部で成功裏に落着する復讐譚を、最後にもってきてもうひとひねりしたほうが余韻が残ったかもしれない。現代アートを含む絵画市場、絵画投資など美術界の実情が話の合間に織り込まれていて、おのずと知識が得られる仕掛けになっている。(純)

展望社 1575円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT