小説 ピカソの復讐 山元清則著

小説 ピカソの復讐 山元清則著

主人公は将来を嘱望される新進画家だったが、恩師の陰謀により盗作の濡れ衣を着せられて美大を追われる。絵筆を捨てた苦難の生活の果てに復讐を果たそうとする心の葛藤、画商として成功する中での復讐の顛末、そして一大美術プロジェクトへの挑戦という2部構成の長編小説である。

美術商の著者はこれまでに美術解説書などをものしているが、美術界への啓蒙という目的をより効果的に果たすには小説の形をとるのがよいと考えたという。美の世界にうごめくスキャンダル、さらに人間の弱さ、醜さを描くことで、逆に究極の美としての絵画の持つ力を浮き彫りにしようという狙いだろう。

もっとも前半部で成功裏に落着する復讐譚を、最後にもってきてもうひとひねりしたほうが余韻が残ったかもしれない。現代アートを含む絵画市場、絵画投資など美術界の実情が話の合間に織り込まれていて、おのずと知識が得られる仕掛けになっている。(純)

展望社 1575円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。