小説 ピカソの復讐 山元清則著

小説 ピカソの復讐 山元清則著

主人公は将来を嘱望される新進画家だったが、恩師の陰謀により盗作の濡れ衣を着せられて美大を追われる。絵筆を捨てた苦難の生活の果てに復讐を果たそうとする心の葛藤、画商として成功する中での復讐の顛末、そして一大美術プロジェクトへの挑戦という2部構成の長編小説である。

美術商の著者はこれまでに美術解説書などをものしているが、美術界への啓蒙という目的をより効果的に果たすには小説の形をとるのがよいと考えたという。美の世界にうごめくスキャンダル、さらに人間の弱さ、醜さを描くことで、逆に究極の美としての絵画の持つ力を浮き彫りにしようという狙いだろう。

もっとも前半部で成功裏に落着する復讐譚を、最後にもってきてもうひとひねりしたほうが余韻が残ったかもしれない。現代アートを含む絵画市場、絵画投資など美術界の実情が話の合間に織り込まれていて、おのずと知識が得られる仕掛けになっている。(純)

展望社 1575円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。