フランスの子育てが、日本よりも10倍楽な理由 横田増生著 ~子育てをしやすい政策は全体の福祉を向上させる

フランスの子育てが、日本よりも10倍楽な理由 横田増生著 ~子育てをしやすい政策は全体の福祉を向上させる

評者 上武大学ビジネス情報学部教授 田中秀臣

 日本の将来に暗い影をおとしている少子高齢化問題。その対策をどうするべきか。本書は、出生率の上昇に貢献したフランスの少子化対策をわかりやすく解説した良書である。著者自身の現地での子育て経験や、またフランス人家族へのインタビューを通して、フランスの家族政策や社会保障制度の仕組みを、具体的に知ることができる。

フランスでは子育ては人生の愉しみなのに、なぜ日本では子育てが人生の苦労になりやすいのか。本書を読むと、それはフランス人と日本人の人生観の違いというよりも、政府の制度設計の仕組みの違いに決定的に依存していることがわかる。所得格差、男女間格差、長時間労働などを放置すれば、出生率が低下するのはあたりまえだと著者はいう。確かに日本ではこの三つの問題に政府はうまく対処できていない。

たとえば、フランスの男性がいかに子育てに積極的であるかが紹介される。男親が子育てしやすいのは、長時間労働への規制が存在するなど政府や企業の対応次第であることがわかる。フランスの少子化対策をそのまま日本に移植することは可能か。成功例とされるフランスも、今日の姿を一夜にして成し遂げたわけでなく、またはるか昔から続いていたわけでもない。わずか二十数年前の改革を契機に今日の少子化対策に成功したことを本書は教えてくれる。

では、日本でも同様の改革は可能か。高齢化がすすみ年金や医療などへの老人たちの既得権が強まるなかで、いかに子育てをしている若い世代に社会の資源を割り振ることができるか。本書では、子育てをしやすい政策を設計することが、結局は家族や社会を機能させ、若い世代だけではなく、高齢者世代までも含む国民全体の福祉を向上させることを明らかにしている。

よこた・ますお
ジャーナリスト。1965年生まれ。関西学院大学卒業後、予備校講師を経て、米アイオワ大学大学院に留学。ジャーナリズムを専攻。帰国後、物流業界紙で編集長。著書に『アメリカ「対日感情」紀行』(情報センター出版局)、『潜入ルポアマゾン・ドット・コムの光と影』(同)。

洋泉社 1470円  238ページ

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。