防衛補正予算1966億円の買い物リストを検証

ヘリ、装甲車などの装備を買おうとしている

このように来年度の防衛予算の本予算と本年度の補正予算が一体化している。新聞などのメディアは「平成28年度予算案の防衛費は、前年度比1.5%増の5兆0541億円で防衛費が初めて5兆円を超えた」と報道している。

だが、実質的に既に本年度の防衛費は東日本大震災以来、防衛予算と東日本復興特別会計の防衛関連支出、防衛省の補正予算が一体化しており、これらを加えれば、すでに防衛予算は5兆円を超えている。これは1年前の記事でも指摘したとおりだ。

補正予算を本来の役割に戻すべき

繰り返しになるが、本年度の補正予算1966億円中、本来の意味での補正予算と認められるのは544億円で、残る1422億円は本来、来年度の防衛省予算の本予算で要求するべきものと考えられる。

この1422億円を来年度の政府案の防衛費と合わせるなら、5兆0400億円ではなく、約5兆1800億円となり随分と増える。防衛費の多寡やその内容を論ずるならばこれをベースに行うべきだ。

メディアは防衛予算の本予算だけを報道しがちである。これがあたかも防衛予算のすべてであるかのように報道していることも多い。しかし、それでは実質的な防衛予算を把握できないし、精査もできない。

本稿は防衛省を批判しているわけではない。こうした予算のつじつまあわせを許している政府、及び与党の責任である。補正予算を本来の役割に戻すことで、これ以上の予算の不透明化を避けなければならないだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT