「正露丸」の大幸薬品が”家電”に進出した理由

空間除菌「クレベリン」は信頼を取り戻せるか

クレベリンLEDには、大幸薬品にとっていくつかのメリットがある。1つは「クレベリン」を中心とする感染管理事業の売り上げの平準化だ。

主力製品の「クレベリン ゲル」は風邪やインフルエンザが流行する冬場に売り上げが偏る傾向がある。家電向けカートリッジ販売であれば、扇風機など夏向けの製品への搭載や定期的なカートリッジ交換によって、年間を通しての販売が見込める。

もう1つは、製品を共同開発した会社が製品の広告宣伝をする中で、クレベリンLEDの広告宣伝もしてくれること。大幸薬品は販促コストをかけずに、クレベリンブランドの認知度を高めることができる。

二酸化塩素はウイルスや細菌の構造を変化させ、機能を低下させる効果を持ち、水道水の消毒にも使われている。

常温では気体だが、大幸薬品は二酸化塩素ガスを液体に封じ込め、低濃度のガスを安定して発生させる技術を開発した。

空間除菌製品は成長の余地が大きい

「クレベリン ゲル」は消費者庁から、多様な生活空間における空間除菌効果の「合理的な根拠」がないとされた(写真はクレベリンLEDを搭載した加湿器)

大幸薬品は2005年にクレベリンを発売し、口コミやテレビCMの効果で6割のトップシェアを獲得した。風邪やインフルエンザにかかりたくない、受験生や妊婦、子どもや高齢者のいる家庭向けのニーズをつかんでいる。

二酸化塩素関連製品の国内市場規模は現状約70億円で、アップダウンはありながらも拡大基調にある。

柱の正露丸は国内市場の停滞で大幅な伸びが見込めない中、空間除菌製品は伸びしろの大きい成長事業として、大幸薬品の将来を背負っている。

だが、大幸薬品の悲願は、空間除菌製品の信頼回復にある。2005年の発売から順調に売り上げを伸ばしてきたクレベリンに、逆風が吹き始めたのは2010年11月のことだった。

次ページ期待のクレベリンを襲った逆風
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT