横田 友宏(よこた ともひろ)
元国際線機長、桜美林大学教授

1953年東京生まれ。航空大学卒業後、日本航空(JAL)に入社。747機長として世界30カ国の主要空港へのフライト経験を持つ。運航乗員部ナパカウンセラー、試験飛行室機長、安全推進本部次長などを歴任。2011年よりスカイマーク乗員課機長、ライン操縦教官を務める。アメリカFAAライセンス、気象予報士の資格を所持。著書に『安全のマニュアルー航空の現場から』(鳳文書林出版販売)、『国際線機長の危機対応力 何が起きても動じない人材の育て方』(PHP新書)など。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。