川島 高之(かわしま たかゆき) Takayuki Kawashima
NPO法人コヂカラ・ニッポン代表

NPO法人ファザーリング・ジャパン理事。1964年、神奈川県生まれ。慶応大学理工学部卒。1987年、三井物産(株)入社。2012年、関連の上場会社の社長として3年間で利益8割増、時価総額2倍、残業1/4を達成し、2016年、退任・独立起業。地元小中学校のPTA会長なども歴任。内閣府「男女共同参画」専門委員、文部科学省「学校業務改善アドバイザー」。「イクボス」や「Work×Life×Social=Hybrid(三本柱)生活」をテーマに、年間約300回以上の講演を行っている。

「ファザーリング・ジャパン」サイト http://fathering.jp/

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。