川井 治之(かわい はるゆき) Haruyuki Kawai
岡山済生会総合病院 がん化学療法センター長、内科診療部長

がんの予防から発見、退治まで退治までを行う呼吸器内科医・腫瘍内科医として医療に従事し、これまで700人以上の肺がん患者を診るなかで、むなしさと忙しさで一度は燃え尽きそうになったが、禁煙こそが本当に大事なのだと気づく。その後、予防のための禁煙啓発をライフワークと定め、タバコから解放される人を1人でも増やしたいと、多くの人を禁煙に導く。病院勤務のかたわら「禁煙センセイ」として、SNS上でも禁煙啓発や禁煙のアドバイスを行っている。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?