古舘 健(ふるだて けん) Ken Furudate
MDアンダーソンガンセンター博士研究員

医学博士・日本口腔外科学会口腔外科認定医・弘前大学医学部附属病院歯科口腔外科助教。1985年、青森県に生まれる。三本木高等学校・北海道大学ではハンドボールのゴールキーパーとして優秀選手賞・敢闘賞を受賞、全国大会出場やドイツ・フランス遠征を経験。北海道大学歯学部卒業後、平均寿命が全国ワースト1位の青森県に戻り、青森労災病院、弘前脳卒中センター、鷹揚郷腎研究所、つがる総合病院、脇野沢診療所などで地域医療に従事。バルセロナ・メルボルン・香港など国際学会でもガンなど口腔顎顔面領域の疾患に関する研究成果を発表。口と体を健康に保つ方法を体系化、健「口」習慣のススメとして広く発信している。ASEAN歯科医療ネットワーク理事。現在は、アメリカ・ヒューストンにある全米No.1のガンセンター、MDアンダーソンガンセンターで最新のゲノム研究に取り組んでいる。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。