クローディアー 真理 Mari Clothier
フリーランスジャーナリスト(在ニュージーランド)

東京の出版社/旅行情報提供会社に、海外情報を担当する編集者として8年間勤務。1998年よりニュージーランド在住。オークランドにて博物館勤務、地元 日本語誌2誌の編集者・編集長を務めた後、2003年よりニュープリマスに移り、フリーランスライターとして本格的にリサーチ・取材・執筆活動を始める。ニュー ジーランド航空やニュージーランド観光局の発行物やウェブサイト、ガイドブックや留学情報誌などの執筆を経て、現在は『PUNTA』、『WEBRONZA』 といったウェブ媒体、『クーヨン』などの育児誌、『ソトコト』などのロハス誌、『Monthly ALCOM WORLD』(アルク)などのクロスカルチャー誌などの印刷媒体に寄稿。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT