55万部!「翔んで埼玉」がバカ売れした理由

30年前の復刻マンガが、なぜ爆発したのか

30年前に絶版になったギャグマンガがなぜ55万部のヒット作となったのか?

『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(以下『翔んで埼玉』)という埼玉県を題材にしたギャグマンガをご存じだろうか。2015年12月の年の瀬に宝島社から発売され、3カ月足らずで55万部を突破したというヒット作品だ。だが、これは著者と編集者が汗水垂らして生み出す一般の新作マンガとは違う。30年前のマンガの復刻なのである。

出版不況と言われ続け、「本も雑誌も売れない!」という悲鳴があふれる出版界にあって、なぜこの本はバカ売れしたのだろうか。

マツコの番組で紹介されて火がついた

『翔んで埼玉』は、埼玉育ちの美少年が東京都民の埼玉弾圧に立ち向かうというストーリーで、ここ数年、ひそかなブームの「地方ディス」にマッチしたと言える。ブームの先駆けはドラマ化もされた清野とおるのマンガ『東京都北区赤羽』だろう。地方を愛をもってディスリスペクト(侮辱)したマンガの1ジャンルをこう呼ぶが、2012年にリリースされたスマホアプリ「ぐんまのやぼう」も、一連の流れと言える。

ヒットの原動力は、あった。『翔んで埼玉』が売れるいちばんのきっかけとなったのは、11月にマツコデラックスのテレビ番組「月曜から夜ふかし」で紹介されたことだ。「東京で埼玉県民が虐げられる」ストーリーが衝撃だと、視聴者からのクチコミからマンガの内容が映され、ネットでも拡散していった。

このとき紹介されたのは、「パタリロ!」の著者である魔夜峰央(まやみねお)氏が白泉社から1986年に刊行し、絶版になった『やおい君の日常的でない生活』に掲載されていた「翔んで埼玉」だった。

少しわかりづらいが、30年前に白泉社から出版されたのは「やおい君の日常的でない生活」というタイトルの単行本。ここには「やおい君の日常的でない生活」「翔んで埼玉」「時の流れに」の3本の作品が収録されていた。12月末に宝島社から復刊されたのは、内容はまったく同じものだが、タイトルを『翔んで埼玉』に変えて、収録作品の掲載順も逆になっている。

そもそも1986年に白泉社から刊行したはずのマンガが、なぜ宝島社から復刊されることになったのだろうか。

次ページ宝島社から復刊された経緯とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT