セブン&アイ、3~11月期は3期連続で最高益

日米のコンビニ事業がけん引

 1月7日、セブン&アイ・ホールディングスは、2015年3―11月期の連結営業利益が前年同期比4.6%増の2610億円になったと発表した。都内で2013年10月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[東京 7日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス <3382.T>は7日、2015年3―11月期の連結営業利益が前年同期比4.6%増の2610億円になったと発表した。3期連続で過去最高益を更新する。イトーヨーカ堂は営業赤字となっているものの、主力の日米コンビニ事業がけん引する。16年2月期の通期見通しは据え置いた。

連結営業収益は同0.3%増の4兆5138億円となった。主力の国内コンビニエンスストアの既存店売上高は、昨年11月まで40カ月連続で前年同月比プラスを続けている。プライベートブランド(PB)「セブンプレミアム」など独自商品が強みを発揮している。

3―11月期のセブンプレミアムは前年同期比22.1%増の7410億円と売上げを拡大している。

米セブンイレブンも、ガソリン価格の下落のマイナス影響があったものの、PBなどの販売が好調で増益となっている。

一方、イトーヨーカ堂は、衣料品を中心とした在庫処分が影響し、利益を圧迫。3―11月期では144億円の営業赤字となっている。

16年2月期の通期見通しは据え置いた。連結営業収益は前年比1.8%増の6兆1500億円、営業利益は同6.9%増の3670億円の計画。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト20人の営業利益予測の平均値は3698億円となっている。

 

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT