セブン&アイ、3~11月期は3期連続で最高益

日米のコンビニ事業がけん引

 1月7日、セブン&アイ・ホールディングスは、2015年3―11月期の連結営業利益が前年同期比4.6%増の2610億円になったと発表した。都内で2013年10月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[東京 7日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス <3382.T>は7日、2015年3―11月期の連結営業利益が前年同期比4.6%増の2610億円になったと発表した。3期連続で過去最高益を更新する。イトーヨーカ堂は営業赤字となっているものの、主力の日米コンビニ事業がけん引する。16年2月期の通期見通しは据え置いた。

連結営業収益は同0.3%増の4兆5138億円となった。主力の国内コンビニエンスストアの既存店売上高は、昨年11月まで40カ月連続で前年同月比プラスを続けている。プライベートブランド(PB)「セブンプレミアム」など独自商品が強みを発揮している。

3―11月期のセブンプレミアムは前年同期比22.1%増の7410億円と売上げを拡大している。

米セブンイレブンも、ガソリン価格の下落のマイナス影響があったものの、PBなどの販売が好調で増益となっている。

一方、イトーヨーカ堂は、衣料品を中心とした在庫処分が影響し、利益を圧迫。3―11月期では144億円の営業赤字となっている。

16年2月期の通期見通しは据え置いた。連結営業収益は前年比1.8%増の6兆1500億円、営業利益は同6.9%増の3670億円の計画。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト20人の営業利益予測の平均値は3698億円となっている。

 

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT