セブン&アイ、3~11月期は3期連続で最高益

日米のコンビニ事業がけん引

 1月7日、セブン&アイ・ホールディングスは、2015年3―11月期の連結営業利益が前年同期比4.6%増の2610億円になったと発表した。都内で2013年10月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[東京 7日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス <3382.T>は7日、2015年3―11月期の連結営業利益が前年同期比4.6%増の2610億円になったと発表した。3期連続で過去最高益を更新する。イトーヨーカ堂は営業赤字となっているものの、主力の日米コンビニ事業がけん引する。16年2月期の通期見通しは据え置いた。

連結営業収益は同0.3%増の4兆5138億円となった。主力の国内コンビニエンスストアの既存店売上高は、昨年11月まで40カ月連続で前年同月比プラスを続けている。プライベートブランド(PB)「セブンプレミアム」など独自商品が強みを発揮している。

3―11月期のセブンプレミアムは前年同期比22.1%増の7410億円と売上げを拡大している。

米セブンイレブンも、ガソリン価格の下落のマイナス影響があったものの、PBなどの販売が好調で増益となっている。

一方、イトーヨーカ堂は、衣料品を中心とした在庫処分が影響し、利益を圧迫。3―11月期では144億円の営業赤字となっている。

16年2月期の通期見通しは据え置いた。連結営業収益は前年比1.8%増の6兆1500億円、営業利益は同6.9%増の3670億円の計画。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト20人の営業利益予測の平均値は3698億円となっている。

 

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。