アメリカ政府、排ガス不正のVWを提訴

罰金は数十億ドルになる可能性

 1月4日、米司法省は、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が排ガス規制を逃れる目的で約60万台の車両に違法な装置を搭載し、大気浄化法(CAA)に違反したとして、同社を相手取り民事訴訟を起こした。写真は同社のロゴ。2015年9月撮影(2016年 ロイター/Mike Blake)

[ワシントン 4日 ロイター] - 米司法省は4日、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>が排ガス規制を逃れる目的で約60万台の車両に違法な装置を搭載し、大気浄化法(CAA)に違反したとして、同社を相手取り民事訴訟を起こした。

VW傘下のアウディとポルシェも提訴の対象となっている。

司法省高官によると、VWは数十億ドルの罰金支払いが求められる可能性がある。

米環境保護局(EPA)の代理としてVWを提訴した司法省は、排ガス制御システムの不正操作や違反の報告を怠ったことなど、同社に4件のCAA違反があったとしている。

司法省高官は「VWが自分たちが何をしているかを知りながら、意図的に法に違反したこと、そしてその結果が健康にとって重大であることをわれわれは訴えている」と述べた。

司法省は現在、排ガス不正に関連した詐欺の疑いでVWを捜査を進めているが、今回の提訴が同社に対する刑事責任追及の妨げにはならないとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。