アメリカ政府、排ガス不正のVWを提訴

罰金は数十億ドルになる可能性

 1月4日、米司法省は、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が排ガス規制を逃れる目的で約60万台の車両に違法な装置を搭載し、大気浄化法(CAA)に違反したとして、同社を相手取り民事訴訟を起こした。写真は同社のロゴ。2015年9月撮影(2016年 ロイター/Mike Blake)

[ワシントン 4日 ロイター] - 米司法省は4日、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>が排ガス規制を逃れる目的で約60万台の車両に違法な装置を搭載し、大気浄化法(CAA)に違反したとして、同社を相手取り民事訴訟を起こした。

VW傘下のアウディとポルシェも提訴の対象となっている。

司法省高官によると、VWは数十億ドルの罰金支払いが求められる可能性がある。

米環境保護局(EPA)の代理としてVWを提訴した司法省は、排ガス制御システムの不正操作や違反の報告を怠ったことなど、同社に4件のCAA違反があったとしている。

司法省高官は「VWが自分たちが何をしているかを知りながら、意図的に法に違反したこと、そしてその結果が健康にとって重大であることをわれわれは訴えている」と述べた。

司法省は現在、排ガス不正に関連した詐欺の疑いでVWを捜査を進めているが、今回の提訴が同社に対する刑事責任追及の妨げにはならないとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。