ソーシャルメディアと旧勢力の新たな冷戦

 一つの対抗手段として、国際的な取引や投資契約に何らかの規定を盛り込むことが考えられる。たとえば、国際通貨基金(IMF)、世界銀行、地域開発銀行などが、ある国の政府が情報のカーテンを下ろせば直ちに融資を一時停止する、という手段を取るのはどうだろうか。

米国人は、太陽の光は最良の消毒剤だと言う。国民による情報へのアクセスは、政府に責任を取らせるために欠かせない手段だ。政府が情報を操作または遮断しようと努めることは権力の濫用である、と推定すべきである。そうした政府は、きっとほかにも多くの欺瞞を隠そうとしているに違いない。

(週刊東洋経済2012年9月8日号) © Project Syndicate

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。photo:Jonathan Rashad CC BY-SA

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 逆境からの人々
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
給料 最新序列<br>生涯給料をグンと上げる技術

給料をアップさせるには、転職をするか、社内評価を高めるかのどちらか。独自試算した上場3227社の生涯給料ランキング、年齢×ポジション別年収マトリックスなど、公務員を含めた給料の現状と、具体的な引き上げ術を紹介する。