日産「ノート」の真価

女性責任者を初起用

日産「ノート」の真価、女性責任者を初起用

日産自動車は9月3日、コンパクトカーの新型「ノート」を発売した。ガソリン車ながら、燃費性能は25・2キロメートル/リットルとハイブリッド車(HV)並みの低燃費を実現。価格は145万円と、HVより15万~25万円安く抑えた。

現在の国内市場はHVや軽自動車ばかりに売れ筋が集中しているが、国内販売担当の西沢正昭常務は「9月からその状況は変わる。HVだけがエコカーではない」と言い切る。ノートの低燃費モデルは自動車取得税と重量税が免税となり、「ランニングコストまで考えても、HVよりもお得」(同)。9月にも終了となるエコカー補助金による反動減が懸念される中、日産の国内販売を下支えする切り札的存在だ。

ど真ん中の直球で勝負

ノートはグローバル・グロース・モデル(GGM)という重要な役割を担っている。

GGMとは文字どおり、世界市場で販売台数が多い、日産の主力車種のこと。開発の優先順位が高く、開発資金や人員を集中投入しており、米国で6月に発売されたセダン「アルティマ」など数車種が該当する。日産社内でGGMを明確に位置づけたのは、約4年前。車の開発には4~5年かかるため、GGMとして開発された車が今、市場に投入されるタイミングを迎えている。GGMは「各市場のど真ん中を狙って、直球勝負する車」(志賀俊之COO)。だからこそ、日本にはコンパクトカーを投入する。ノートは国内で初めてお目見えするGGMだ。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。