日産「ノート」の真価

女性責任者を初起用

日産「ノート」の真価、女性責任者を初起用

日産自動車は9月3日、コンパクトカーの新型「ノート」を発売した。ガソリン車ながら、燃費性能は25・2キロメートル/リットルとハイブリッド車(HV)並みの低燃費を実現。価格は145万円と、HVより15万~25万円安く抑えた。

現在の国内市場はHVや軽自動車ばかりに売れ筋が集中しているが、国内販売担当の西沢正昭常務は「9月からその状況は変わる。HVだけがエコカーではない」と言い切る。ノートの低燃費モデルは自動車取得税と重量税が免税となり、「ランニングコストまで考えても、HVよりもお得」(同)。9月にも終了となるエコカー補助金による反動減が懸念される中、日産の国内販売を下支えする切り札的存在だ。

ど真ん中の直球で勝負

ノートはグローバル・グロース・モデル(GGM)という重要な役割を担っている。

GGMとは文字どおり、世界市場で販売台数が多い、日産の主力車種のこと。開発の優先順位が高く、開発資金や人員を集中投入しており、米国で6月に発売されたセダン「アルティマ」など数車種が該当する。日産社内でGGMを明確に位置づけたのは、約4年前。車の開発には4~5年かかるため、GGMとして開発された車が今、市場に投入されるタイミングを迎えている。GGMは「各市場のど真ん中を狙って、直球勝負する車」(志賀俊之COO)。だからこそ、日本にはコンパクトカーを投入する。ノートは国内で初めてお目見えするGGMだ。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。