「月に囚われた男」の魅力を知っていますか

良質なSF映画には強烈な衝撃がある

『エリジウム』
『エリジウム』(2013/アメリカ/109分)

話題騒然だった前作『第9地区』(2009年)は、ドキュメンタリー・タッチの語り口と、まるで未来のビデオでも見せられているかのようなリアリティが圧巻だった。本作は再び2154年という近未来での人類の運命を描いているが、そのリアルで緻密な世界観にはただただ魅せられるばかりだ。

ブロムカンプ監督(脚本も担当)が、本作で啓示する近未来は、富裕層と貧困層とに二分化された世界だ。ひと握りの富裕層だけは、天空に浮かぶスペース・コロニー“エリジウム”(天国!?)で贅を尽くした生活を送り、大多数の貧困層は、荒廃しきった地球(地獄!?)で苦難の生活を強いられていた。幼き日から“エリジウム”で暮らすことを夢見ていたスラム街出身のマックス(マット・デイモン!)は、ある日ロボット組み立て工場で不慮の事故に巻き込まれ、余命5日と宣告されてしまう。生き延びるためには、“エリジウム”に完備する最新医療ポッドでの治療が絶対条件だった。かくしてマックスはレジスタンス軍と組み、難攻不落の“エリジウム”を目指すのだが……。

決死の潜入に挑むマックスを迎え撃つのは、冷酷非情な女防衛長官デラコート。(恐らく悪役には初挑戦の)ジョディ・フォスターが好演している。マックスは潜入の際、瀕死の身に直接強化スーツを装着するのだが、ボルトを打ち込んだり、これは相当痛そうだ(苦笑)。デラコートの命でマックスとバトルすることになる秘密工作員クルーガーが日本刀(?)や手裏剣もどきを駆使して対抗するあたりはご愛嬌。「前作に比べると期待外れ」という批判コメントもあるようだが、娯楽SFアクションと割り切って鑑賞すれば、十分楽しめる作品だと思う。

(文:たかみひろし/音楽・映像プロデューサー、『モノ・マガジン』2014年6月16日号掲載記事を一部加筆・修正)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT