中国から1万8000人が国外逃亡? 汚職マネーが流出する

 

 

国外逃亡する汚職官僚のほとんどは、まず子供と妻を先に出国させ、機を見て自分も逃亡するという。中高年で結婚しているのに、家族が国内にいない。自分だけ中国にいつまでも残る理由もない。とすれば、やがて逃亡する。まず「裸官」に注意すべきだと李氏は述べる。

逃亡した者の多くは50歳以上だ。政府官僚が国外逃亡するのは引退間際が多い。在任中は権力を使って腐敗行為を隠蔽できるが、引退すれば調べられる。だから引退間際に逃げるのだ。

汚職官僚が外国で不正蓄財をする方法はさまざまだ(表参照)。中国から直接持ち出すのはリスクが高いが、大掛かりな仕掛けを作り、高額を貯め込むケースもある。

では汚職官僚の逃亡先はどこか?林氏の調査によると、管理層の高ポストで汚職金額が多い場合には、米国、カナダ、オランダ、オーストラリアなどの西側先進国が多い。中堅以下のポストで汚職金額が少ない場合は、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポールなどの周辺国に逃げる。いずれの逃亡でも、香港やマカオは経由地になりやすい。

 

 

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT