牛生レバーの販売禁止、あなたは賛成ですか?--東洋経済1000人意識調査

牛生レバーの販売禁止、あなたは賛成ですか?--東洋経済1000人意識調査

厚生労働省の規制により、7月から牛の肝臓(レバー)を生で提供することが禁止された。2011年のユッケ食中毒事件が発端となった規制だけに、「賛成」「どちらかといえば賛成(やむをえないを含む)」が6割強を占める結果となった。

2011年に発生した食中毒事件を受けて、厚生労働省は7月から、牛生レバーの販売を禁止します。この販売禁止について、あなたの考えに近いのはどれですか。
※反対だがやむを得ないとお考えの方は、「2.どちらかと言えば賛成」をお選びください。


(編集部 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2012年7月7日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。