牛生レバーの販売禁止、あなたは賛成ですか?--東洋経済1000人意識調査

牛生レバーの販売禁止、あなたは賛成ですか?--東洋経済1000人意識調査

厚生労働省の規制により、7月から牛の肝臓(レバー)を生で提供することが禁止された。2011年のユッケ食中毒事件が発端となった規制だけに、「賛成」「どちらかといえば賛成(やむをえないを含む)」が6割強を占める結果となった。

2011年に発生した食中毒事件を受けて、厚生労働省は7月から、牛生レバーの販売を禁止します。この販売禁止について、あなたの考えに近いのはどれですか。
※反対だがやむを得ないとお考えの方は、「2.どちらかと言えば賛成」をお選びください。


(編集部 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2012年7月7日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。