2020年夏の五輪、東京誘致に賛成ですか?--東洋経済1000人意識調査

2020年夏の五輪、東京誘致に賛成ですか?--東洋経済1000人意識調査

東京都と日本政府が誘致を進める2020年夏のオリンピック。誘致活動をどう考えるか聞いたところ、「賛成」「どちらかといえば賛成」を足すと60.9%と賛成派が多数となった。「反対」「どちらかといえば反対」は29.2%いる。

2020年、夏のオリンピック開催地の候補として、トルコのイスタンブール、スペインのマドリードとともに、東京が一次選考を通過しました。オリンピック招致に向けた活動を進めていくことに関して、あなたの考えに近いものを1つ選んでください。


(編集部 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2012年6月30日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT