大王製紙の内紛、北越紀州製紙の仲介で収束へ、義理人情の恩返し劇

もともと大王製紙では、国内実質首位の衛生用紙「エリエール」など、生産の多くをグループ企業が担ってきただけに、こうしたグループ企業が連結子会社でなくなることは、事業遂行上の大きなリスク要因となってしまうのだ。

それが今回の株式間接譲受により一気に企業グループの再構築ができるのである。

「何よりもコーポレート・ガバナンスを回復できることが最も大きい」と佐光社長も語る。「昨年6月の社長就任後、取引先へのあいさつ回りをしているさなかの9月に元会長の不正貸付金問題が明らかとなり、それへの対応に追われてきた」--そう語る佐光社長は、まずは安堵の笑みを見せた(タイトル横写真撮影:吉野純治)。


◆大王製紙の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

◆北越紀州製紙の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(石井洋平 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT