米国で煙突にはまった男性が暖炉点火で死亡

盗み目的で侵入か

(写真:Gudella / PIXTA)

[29日 ロイター] - 米カリフォルニア州で、煙突から住宅に侵入しようとした19歳の男性が、煙突にはまって身動きがとれなくなり、その後暖炉に火がつけられて死亡したことが分かった。盗み目的で侵入しようとしたとみられる。

同州フレズノ郡保安官事務所によると、男性は夜間、住人が不在の時に煙突に入ったが途中で出られなくなった。その後帰宅した住人が28日午後に暖炉に火を入れると、煙突の中から叫び声が聞こえた。住人は男性が中にいることは知らなかった。

住人は火を消そうとしたが、駆け付けた消防隊員が煙突の中で男性が死亡しているのを発見。死因は煙の吸入とやけどだという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。