米国で煙突にはまった男性が暖炉点火で死亡

盗み目的で侵入か

(写真:Gudella / PIXTA)

[29日 ロイター] - 米カリフォルニア州で、煙突から住宅に侵入しようとした19歳の男性が、煙突にはまって身動きがとれなくなり、その後暖炉に火がつけられて死亡したことが分かった。盗み目的で侵入しようとしたとみられる。

同州フレズノ郡保安官事務所によると、男性は夜間、住人が不在の時に煙突に入ったが途中で出られなくなった。その後帰宅した住人が28日午後に暖炉に火を入れると、煙突の中から叫び声が聞こえた。住人は男性が中にいることは知らなかった。

住人は火を消そうとしたが、駆け付けた消防隊員が煙突の中で男性が死亡しているのを発見。死因は煙の吸入とやけどだという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT