「仲良しだけどセックスレス」夫婦に迫る危機

「女が終わる」と焦る妻

その時、決めた。50歳になっても状況が変わらなければ離婚しよう。幸いなことに、経済的に自立している。子どもも成人する。夫婦という「基盤」がなくなれば男と女になれるかもしれない。なれなくても、この苦しさからは逃れられるだろう。

リミットまであと1年。最近、美佳さんは気になる人ができた。

「“ずっとしてないけどできるかな”と、付き合ってもいないのに考えてしまう。もう夫のことは同居人としか見ていません」

東邦大学医療センター大森病院女性性機能外来の田中祝江(のりえ)医師は、「要は、コミュニケーション不全の結果」と話す。セックスはコミュニケーションの最たるもの。2人が満足する方向にいっていなければ、問題はセックスだけにとどまらず、夫婦のあり方すべてに及ぶ。

声高な夫、我慢する妻

55歳の夫が、53歳の妻を伴って田中医師の外来を訪れた。「これまでは妻も一緒にセックスを楽しんできたのに、最近嫌がるようになった。妻の認知症が心配だ」

田中医師が妻に視線を向けると、「子どもも成人したことですし、そろそろなくてもいいかな、と思うんです」と言葉少なに答えた。夫は嘆いた後、「妻とはこうあるべき」と主張するばかりだった。

2回目の受診時、妻は一人で訪れた。

「もともとセックスが好きじゃない。いやいや応じてきたけど、もう解放してほしい。手をつないだり、旅行をしたりするくらいなら大丈夫なので、それで勘弁してほしい」

その後、田中医師とともに夫婦の話し合いが何度か設けられたが、夫は一切耳を傾けず、最後は「この医者はわかっていない」と切れた。妻も、「自暴自棄になると困るので、私が我慢します」と診察に来なくなった。田中医師のもとを訪れる夫婦は多くの場合、一方が欲求や不満をぶちまけ、一方は黙ったまま。たいてい、黙ったままなのは妻だ。

次ページ夫婦関係に潤いを取り戻すには?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。