アフリカ歴訪のローマ法王がホンダ車で登場、高級リムジンは拒否

アフリカ歴訪で高級リムジンは拒否

[ナイロビ 26日 ロイター] - アフリカを初歴訪中のフランシスコ・ローマ法王は、ケニアの首都ナイロビ市内に高級リムジンではなく小型のホンダ車で登場し、政治家や官僚の汚職にうんざりしている市民から大きな喝采を浴びた。

地元メディアの報道によると、ローマ法王が乗ったホンダ車の値段は、150万シリング(1万4700ドル、約180万円)だという。

アフリカでは、大統領が高級車を連ねてスラム街を走行することも珍しくない。ケニアのツイッターユーザーたちは、ローマ法王を称賛。ある人は「SUVやベンツに乗って到着した政治家たちが、ホンダに乗って来た法王の演説を聞くというのか。恥を知れ」とツイートした。

ローマ法王は、セキュリティーの問題について記者団から質問が出ると「私が心配しているのは、蚊だけだ」とジョークを飛ばしていた。

*11月27日に配信した記事で、写真を差し替え、本文の記述を明確にして再送します。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。