中国人の声から探る“変調の兆し” 

中国の不動産販売はサクラで活況を演出

 

北京市在住で中央政府の法務関連の仕事に就く黄立元さん(仮名・53)は一人娘を英国へ留学させている。「十分な医療は受けられない。教育は詰め込みと暗記ばかり。周囲も子どもだけでも海外移住させようとする人ばかり。政治に近ければ近いほど、中国の未来は信用が置けないとわかる」。

夜の仕事にもかげりが見える。「上海の中心部はともかく、少し郊外では2年くらい前からお客さんが減っている。稼げないので、店を辞めて貯めたおカネで日本や韓国に留学する子も増えている」(上海市在住でスナックに勤務する李小晶さん〈仮名・24〉)。

全体では強気な声がまだまだ多いが、楽観はできそうにない。

(張子溪 =週刊東洋経済2012年6月23日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。