ギボシムシと人間、遺伝子的には親戚だった

沖縄科学技術大学院大学が研究を主導

ギボシムシは、ヒトの親戚だった!(動画ページ

この度あなたのイトコになった、ギボシムシ君をご紹介しよう。

顔立ちが似ているといったことはあまりないかも知れないが、最近の研究によると、ヒトは他の生物とよりも、このミミズと多くの遺伝子を共有しているという。

研究を主導したのは沖縄科学技術大学院大学。海から採取したギボシムシのゲノム配列を解析したところ、8600の遺伝子が新口動物の間で共有されていることが分かった。

新口動物とは多様な種を含む動物の大分類で、ギボシムシ、ヒトデ、カエル、イヌ……そしてヒトもここに含まれる。

研究者によると、ヒトが持つ遺伝子の約70%について、全ての新口動物に共通する祖先までたどっていくことができるという。この祖先が生きていたのは約5億年前で、今は絶滅してしまった。

世界各国の研究者チームが共同でおこなったこの研究は、科学雑誌「Nature」誌上にて発表された。

原語はこちら

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT