ギボシムシと人間、遺伝子的には親戚だった

沖縄科学技術大学院大学が研究を主導

ギボシムシは、ヒトの親戚だった!(動画ページ

この度あなたのイトコになった、ギボシムシ君をご紹介しよう。

顔立ちが似ているといったことはあまりないかも知れないが、最近の研究によると、ヒトは他の生物とよりも、このミミズと多くの遺伝子を共有しているという。

研究を主導したのは沖縄科学技術大学院大学。海から採取したギボシムシのゲノム配列を解析したところ、8600の遺伝子が新口動物の間で共有されていることが分かった。

新口動物とは多様な種を含む動物の大分類で、ギボシムシ、ヒトデ、カエル、イヌ……そしてヒトもここに含まれる。

研究者によると、ヒトが持つ遺伝子の約70%について、全ての新口動物に共通する祖先までたどっていくことができるという。この祖先が生きていたのは約5億年前で、今は絶滅してしまった。

世界各国の研究者チームが共同でおこなったこの研究は、科学雑誌「Nature」誌上にて発表された。

原語はこちら

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。