過熱する!2年目の“クール商戦”

電力不足によるエアコン自粛ムードが高まった昨年以上に、クール商戦が過熱している。

「熱さまシート」など多数の“クール商材”を扱う小林製薬。昨年、同社のクール商材の売り上げは一昨年より約20%伸びた。ただ、一部商材の欠品による需要の取り逃しもあった。今年は同製品群の生産計画を前年比で30%増やした。

さらに、昨年大ヒットした衣類用冷感スプレーで、刺激の少ない女性向けや子ども向けを投入するなど、製品ラインナップも拡充。新規顧客の開拓を狙う。

イオンは高機能肌着や涼感寝具のPBを充実させたほか、ビールやそうめんなどの食材、さらには日よけ、太陽光パネル、蓄電池も暑さ対策商材としてまとめることでアピールする。

イオンの村井正平専務は、「総合小売りとして(クール商材を)トータルに提案したい」と意気込む。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。