「大阪維新の会」の国政進出に期待しますか?--東洋経済1000人意識調査

「大阪維新の会」の国政進出に期待しますか?--東洋経済1000人意識調査

次の衆院選(来年夏までに実施)で国会進出を目指す、橋下徹大阪市長が率いる「大阪維新の会」。国政進出に期待するかどうかを尋ねたところ、「期待する」「ある程度期待する」で合計64.8%を占めた。有権者の期待は高いようだ。

橋下・大阪市長が率いる「大阪維新の会」が次の衆院選で国政に進出する動きをみせています。このことについてあなたはどう思いますか。
以下の中から、あなたの考えに近いものを1つ選んでください。


(編集部 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2012年6月9日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。