仏当局、パリ同時攻撃の容疑者潜伏先を急襲 

5人を逮捕・1人が自爆

 11月18日、フランス警察は早朝、パリ北部サンドニ地区で同時多発攻撃の容疑者が潜伏しているとみられるアパートを急襲、5人を逮捕した。写真はサンドニ地区を警備するフランスの特殊部隊、18日撮影(2015年 ロイター/Christian Hartmann)

[サンドニ(フランス) 18日 ロイター] - フランス警察は18日早朝、パリ北部サンドニ地区で同時多発攻撃の容疑者が潜伏しているとみられるアパートを急襲、5人を逮捕した。5人のうち3人は部屋で、2人が近くで身柄を拘束された。また踏み込んだ際に女1人が自爆で死亡した。

捜索の対象の1人は、パリ同時多発攻撃をシリアで計画した首謀者とみられていたベルギー国籍のアブデルハミド・アバウド容疑者(27)だったという。警察などによる急襲が始まって7時間で、捜索は終了。しかし同容疑者を逮捕したかは明らかにされていない。

現場は同時攻撃が起きた国立サッカー競技場の近く。

地元の住民によると、午前4時半(日本時間午後0時半)前から銃撃戦が始まった。容疑者が潜伏していたとみられるアパートの住人は「弾丸が飛び交い、レーザービームが照射されるのが窓から見えた。爆発が起きアパート全体が揺れた」と語った。急襲で警官3人と通行人1人が銃撃で負傷した。

仏当局は13日の事件に関与して死亡した7人のうち5人の身元を確認。警察は、襲撃に直接関わった主犯格を含む男2人が逃亡中とみている。

サンドニの住民1人は記者団に対し、当局が急襲したアパートを友人に頼まれて2人に貸したとし、「数日間という約束だったが、(貸した)相手は知らなかった。頼まれたから手助けしたが、テロリストだったとは」と語った。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。