電気料金の引き上げについてどう思いますか?--東洋経済1000人意識調査

電気料金の引き上げについてどう思いますか?--東洋経済1000人意識調査

5月初旬、北海道電力の泊原子力発電所が運転を停止し、全国で稼働する原発はゼロになった。火力電力での燃料高騰を理由に、電力会社が電気料金を値上げすることについて聞いたところ、約半数が「仕方ないとは思わない」を選んだ。

5月には国内にあるすべての原子力発電所が停止する見込みです。今後、火力発電での石油、天然ガスの燃料費が増えることによって、電力料金の引き上げが予想されます。あなたは、電力料金の引き上げは仕方ないと思いますか?以下の中から、あなたの考えに近いものを1つ選んでください。


(編集部 撮影:田所千代美 =週刊東洋経済2012年5月19日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。