関空・伊丹の経営統合、債務軽減の切り札でも、共存共栄は可能か

 

騒音問題で長年揺れた伊丹空港。それを解決しようと、当初は阪神沖につくられる計画だった関空。それに自治体が反発し、ようやく泉州沖へつくられたものの、一転、やはり空港は欲しいと建設が強行された神戸空港。関西、神戸両空港は、利用者の利便性よりも、政治が優先してつくられた背景がある。

 負債軽減が第一目的とはいえ、ようやく「旅客のため、関西のため」と動き出した空港経営。さまざまな問題も予測されるが、7月からの経営統合の効果がどうなるか、関空・伊丹の利用者は期待している。
(週刊東洋経済2012年4月7日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT