話し合い解散に賛成ですか?--東洋経済1000人意識調査

話し合い解散に賛成ですか?--東洋経済1000人意識調査

自民党幹部からは、消費増税法案への協力と引き換えに、野田首相に衆議院の解散を確約させる「話し合い解散」を求めるかのような発言が相次いでいる。ただ、「どちらかといえば反対」、「反対」が半数を超え、否定的な意見が多い。

自民党幹部からは、消費増税法案への協力と引き替えに、野田首相に衆議院の解散時期を確約させる「話し合い解散」を求めるかのような発言が相次いでいます。あなたは「話し合い解散」に賛成ですか。
※以下の中から近いものを1つお選びください。


(編集部 撮影:高橋孫一郎 =週刊東洋経済2012年5月12日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。