話し合い解散に賛成ですか?--東洋経済1000人意識調査

話し合い解散に賛成ですか?--東洋経済1000人意識調査

自民党幹部からは、消費増税法案への協力と引き換えに、野田首相に衆議院の解散を確約させる「話し合い解散」を求めるかのような発言が相次いでいる。ただ、「どちらかといえば反対」、「反対」が半数を超え、否定的な意見が多い。

自民党幹部からは、消費増税法案への協力と引き替えに、野田首相に衆議院の解散時期を確約させる「話し合い解散」を求めるかのような発言が相次いでいます。あなたは「話し合い解散」に賛成ですか。
※以下の中から近いものを1つお選びください。


(編集部 撮影:高橋孫一郎 =週刊東洋経済2012年5月12日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。