沖縄はソフトパワーで飛躍する

 基地跡にエンタメ自治体 沖縄発のクールジャパン

大崎社長は映画祭の最終日に枝野幸男経済産業相と会談。その席上、経産相に披露したのが「エンターテインメントヴィレッジ構想」だった。これは、沖縄の地に世界初のエンターテインメント産業を中心とする自治体を作り、クリエーターらが実際に暮らしながら人材を育成するという壮大な計画。その場所として、米軍基地の返還後の跡地を具体的に挙げている。

「新しい日本のポップカルチャーを沖縄で学んでもらい、沖縄から発信する。それが新しい沖縄の収入源になる。それは芸能が生まれる島の特性にも合っていると思うし、地政学的にも最適だと思う」と大崎氏は言う。10年かけて自治体化を目指す計画だが、手始めに沖縄に50人程度の高校生を集め、オープンスクールを開講することから始める計画。将来的には、常設のタレント人材育成施設を建設し、同社も本格的に沖縄に拠点を構える意向だ。

「アジアの中の沖縄、日本の窓口の沖縄という位置づけにし、アーティストや作家をいっぱい呼んで、アジアの子どもたちにも教えていきたい。ゲームやアニメだけでなく、ポージングやヘアメイク、ウォーキングといった、今後の日本のポップカルチャーの代表になる芽を見つけ出したい」と大崎氏の構想は膨む。

沖縄の文化や地の利を最大限に生かせば、世界のソフトパワー発信基地となる潜在力は十分にある。あとは、それをどう開花させるかに懸かっている。

(宇都宮徹、福田恵介 =週刊東洋経済2012年4月28日・5月5日合併特大号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT