マツダ、「RX-VISION」でロータリー復活へ

強みの圧倒的な出力、燃費規制クリアなるか

1978年から24年間も販売された往年の名車「RX-7」

それでも、マツダが研究開発に取り組み続けるのは、ロータリーエンジンが「マツダの財産」(小飼社長)とも言うべき象徴的な存在だからだ。マツダのロータリー車のユーザーは世界に約100万人。マツダ車には昔からコアなファンが多いが、エンジンを分解して洗う人もいるほど、ロータリーファンは熱いという。代替えを希望する声も多く、マツダとしてもそうしたユーザーとの繋がりを大事にしたいとの思いが強い。

加えて、マツダに吹く追い風もロータリーエンジンに取り組む好機と言える。リーマンショックに襲われた2008年度からマツダは4年連続で最終赤字を計上。再起をかけ、エンジンや車体などの設計を刷新。高い環境と走行性能を実現した「スカイアクティブ」技術を搭載したSUV(スポーツ多目的車)の「CX-5」がヒットし、2012年度に黒字転換した。

業績絶好調の中で見据える次の展開

マツダはデザインも刷新。これまでは車種ごとにばらばらだったが、「魂動(こどう)」という躍動感あふれるデザインテーマで統一。車種は違ってもデザインでマツダ車であることをわかるようにした。こうした取り組みが消費者の心をとらえた。

「CX-5」以降、「アテンザ」や「アクセラ」など新型車は軒並み好調で、2014年度は過去最高益を2年連続で更新。今年度も好業績の見通しだ。経営危機から復活を成し遂げた今こそ、気を緩めず、次の展開を見据えた研究開発に力を傾ける堅実さがうかがえる。

マツダの世界シェアは2%。小飼社長は就任以来「選ばれ続けるオンリーワンブランド」を目標に掲げる。2%の熱烈なファンと深い絆を築くことがブランド力を高め、会社の成長につながるという考えだ。

マツダが次の飛躍をする上でも、ロータリー車を再投入できるかどうかは大きなカギを握りそうだ。
 

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT