ブリヂストン、地味すぎる買収に込めた計略 トップシェアの市場をどこまで守りきれるか

印刷
A
A

最近では2012年に投資ファンドのゴアズ・グループによる買収が決まりかけていたが、業績悪化を理由に立ち消えとなったこともある。

その後、投資ファンドのギャムコ・アセットマネジメントがペップ社の株を徐々に買い増し、2014年度末には20%弱を握る筆頭株主となっていた。ギャムコは開く株主総会で、自社の推薦する数人の候補を取締役に選任するように要求、ペップ社は苦境に追い込まれていた。

ドル箱の米国はシェア争いが激しい

ブリヂストンはファイアストンブランドなどで、米国に約2200店を展開する

ここから事態は急転直下となる。ペップ社はギャムコの案を一部飲むかたちで、6月11日に3人の独立役員を迎え入れた。

同15日にはレンタカー大手、ハーツ社から新たなCEO(最高経営責任者)を招聘。同30日には身売りや提携など経営戦略の見直しを公表していた。

ブリヂストンにとって、今回の買収は渡りに船だったいえる。同社にとって、北米を含む米州エリアはドル箱だ。直近の2015年1~6月(上期)は全社の営業利益2377億円のうち、米州が1088億円(前年同期比30%増)を稼ぎ出している。

ただ、日本でのシェアが5割を超え、世界で首位のブリヂストンも、北米では仏ミシュランや米グッドイヤーとの激しい競争の中にある。

米国の専門ウェブサイト「モダン・タイヤ・ディーラー」によれば、2014年の乗用車向けタイヤ販売のシェアは、ブリヂストンとファイアストンの合計が15.5%、グッドイヤーが13%、ミシュランが9%となっている。

次ページ規模拡大で強豪を突き放す
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT