JTが三たび大型買収、「6000億円」は妥当か

縮小市場での巨額買収に疑問の声も

「アメスピ」の米国外事業を約6000億円で買収したJT。過去の大型M&Aのように成功するか

「買収金額を正当化するのは困難」。市場から聞こえるネガティブな反応どおり、買収発表翌日の9月30日、JT(日本たばこ産業)の株価は一時、前日比10%安の3556円まで下がった。

JTは米たばこ大手のレイノルズ・アメリカンから、たばこブランド「ナチュラル・アメリカン・スピリット」(アメスピ)の米国以外(日本やドイツなど)での事業を、約6000億円で買収する。資金は手元や借り入れを充当し、2016年初頭の買収完了を見込む。

株価が下落した理由は買収額の高さだ。当該事業の2014年度業績は、売上高176億円、税前利益21億円。営業権や商標権の償却に伴い、今後10年間で得られる税務上のメリットを差し引くと、実質的な買収費用は約4700億円だが、これは売上高の約26年分にも相当する。

「メビウス」より高い「アメスピ」

今回の買収についてJTの小泉光臣社長は、「たばこ事業の中長期的な利益成長に向けた重要な一手」と、自信を見せた。特に日本市場で、アメスピは無添加などが支持され、2ケタ成長を持続。1箱480円の価格は、JTの主力ブランド「メビウス」(430円)より高く、手薄な高価格帯の強化につながる。が、「成長性を加味しても買収金額は割高。株主還元への影響も懸念される」(モルガン・スタンレーMUFG証券の出村泰三アナリスト)ため、投資家からの評価は厳しい。

それでも、大型買収に踏み切る背景には、JTが抱えるジレンマがある。

国内たばこ市場は、健康志向の高まりやたばこ増税で縮小基調だ。規模は1996年の3483億本をピークに2014年は1793億本に半減した。需要減への危機感からJTは早い段階で海外展開を模索。1999年に米RJRナビスコの米国外たばこ事業を約9400億円で、2007年に英たばこ大手ギャラハーを約2.2兆円で買った。今や売上高の半分超を海外たばこで稼ぐ。

次ページ本業のたばこに回帰
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。