タモリの半生には日本戦後史が詰まっている

糸井重里と近藤正高が語り尽くした!

近藤:そのなかでタモリさんはまじめにやってたんですよね。もともとメカに強いから、設備のメンテナンスなどしてもらおうと、ボウリング場にヘッドハンティングされたらしいですが。

糸井:それもおかしいなあ。

近藤:そのあと、(福岡の)中洲のフルーツパーラーでバーテンダーをやっていたときも、店と併設の駐車場に止めてあった車が故障したので、タモリさんが修理したそうです。

糸井:何ていうんだろうな、プログラマー的発想みたいなものがありますよね。それで問題を解決しちゃうという。

近藤:ああ、それはありますね。

糸井:いい加減な人たちは、それで答えが出るわけじゃないのに、すぐ感情的になっちゃうんだけど、タモリさんはそういうのに対してすごく冷静に、「何やってんだろうね」ってあしらいますよね(笑)。で、しかもそういう人を切り捨てるんじゃなくて、「よしよし手伝ってあげましょう」じゃないけど、ひとりずつ世話してあげてる気がしますね。

近藤:『いいとも!』でも、「テレフォンショッキング」で隣りの席に乱入者が座っていたときに、タモリさんは落ち着き払って対処していましたが、それはやっぱり問題解決能力が高いからでしょうね。

おじいちゃんの無責任性といま

糸井:あと、自意識と自己顕示欲というのがもし違うものだとすると、自己顕示欲は十分にあるのに自意識は少ないみたいな、そういうタイプの人間ってよくいるんですけど、(自分もタモリさんも)そっちに入るんじゃないですかね。タモリさんのイグアナのモノマネをするときの夢中ぶりとか、まさにそうでしょう。あれは自己顕示欲でやってるけど、自意識ではないですよね。

近藤:そもそもイグアナには自意識なんてないでしょうから(笑)。タモリさんが動物のモノマネが好きというのは、そういうことなのかもしれませんね。内面がないから。

糸井:内面がない、あるいは薄い。

近藤:薄いんでしょうね。だからこそ適応力が高いのだともいえそうです。

次ページタモリさんの立場とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。