家業を継いだからといって自分がどんな付加価値を出せるかピンとこなかった--後藤玄利・ケンコーコム社長(第2回)

転機は99年です。アメリカでダイレクトマーケティングアソシエイションのコンファレンスがあって勉強のために視察に行ったんですが、セス・ゴーディンやトム・ピータースが「2000年はインターネットで変わるんだ」と言っているのを見て、日本とアメリカの景気に天と地の差がある秘密はこれかと衝撃を受けました。

「ECが流通を変える」「カテゴリーのナンバーワンしか生き残れない」という話が特に印象的でしたね。もうダイレクトメールベースの商売はやめてネットに移ろう、健康食品のECでどこにも負けないものをつくろうと思いました。
 
 そのためには実家の商品だけでなく何でも扱うようにしなければダメだし、それまでは1000万~2000万円の自己資金を資本金としていましたが、ベンチャーキャピタルなどの外部資金を取り込まなければいけない。自分一人でマネジメントするのもやめ、前職の同僚や大学の後輩を呼んでマネジメントチームを作りました。

これが、2000年に立ち上げたケンコーコムの始まりです。

ごとう・げんり
1967年2月大分県で80年の歴史を持つ地場の製薬会社の創業家に生まれる。89年3月東京大学教養学部基礎科学科第一卒業、同年4月アンダーセンコンサルティング入社、同社の戦略コンサルティンググループ設立メンバー。94年うすき製薬取締役、同年11月ヘルシーネット(現ケンコーコム)設立、代表取締役就任。97年うすき製薬代表取締役(01年より取締役)、2000年5月ケンコーコムを立ち上げ。
(撮影:梅谷秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。