DeNAとディズニー・ジャパンが事業提携

海外展開視野に相互でユーザー層の拡大狙う

 

ウォルト・ディズニー・ジャパンのジャスティン・スカルポーネ氏は、自社のタイトルをモバゲーに投入する狙いについて、「(ドコモやソフトバンクと組んだ)日本での携帯コンテンツ事業はこれまで20~30代の女性が中心だった。だが、会員数3500万人超を有するモバゲーを通じてゲーム配信を行えば、それ以外の男女幅広い層のユーザーに訴求できる。ディズニーは映画会社、テレビ会社、テーマパーク会社などさまざまな顔を持つが、今後はゲームプロバイダーとしての地位も確立したい」と説明した。

 DeNAの守安社長も「現状モバゲーユーザーの6割を男性が占めるが、ウォルト・ディズニー・ジャパンのタイトルが増えることで、女性ユーザーの開拓が見込める」と話し、今回の事業提携は両社にとってのメリットが大きいことを強調した。

DeNAは直近の四半期(第3四半期、11年10~12月期)決算の営業利益が前四半期比12%減の135.5億円と、同四半期営業利益が35%増の225.4億円だった競合のグリーに引き離されている。守安社長は第3四半期の決算説明会で「各タイトルの売り上げに格差が出てきている。月商10億円を超える有力タイトルは現状7本あるが、最低月商5億円を超えるタイトルを増やしていきたい」と語っていた。

同日の会見では、ウォルト・ディズニー・ジャパンが提供するタイトルについて「当然目標している売り上げに到達する有力タイトルに育てたい」(守安社長)と語り、期待度が高いことを明らかにした。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。