20代男女「恋人いない=過去最高」の理由は?

思わぬ「犯人」が、恋愛を妨げる要因に!

20代の男女が「恋愛をしにくくなっている理由」は、下記の3つです。

「恋愛をしにくい」3つの理由

1.経済的な事情、収入や雇用が不安定

1番目の理由は、不安定な雇用や給料が少ないという「経済的な事情」です。

さとり世代は、バブル崩壊後の1990年代以降の「失われた20年」に生まれ、育ってきた、いわば「不景気しか知らない世代」です。

中でも、20代前半は「第2次就職氷河期世代」。収入も雇用も不安定で、結婚・恋愛をしたくても、将来をまじめに考えれば考えるほど、簡単には踏み出せなくなっています。

先に挙げた調査で「結婚相手に求める年収はいくらか」と20代女性に聞いたところ、「400万円以上」が26.2%、「300万円以上」が23%でした。さとり世代の女子も、この数字を見るかぎりかなり現実志向と言えますが、同世代の男性たちの給与はさらに低水準で、非正規雇用の比率も高くなっています。

同じ調査で「現在の収入では恋愛も結婚も難しい」と答えた独身男性が、なんと63.4%に達しました。「経済的な不安」「雇用の不安」から、さまざまなプレッシャーを感じ、結婚・恋愛におよび腰になってしまうのです。

2.SNSによる「つながりすぎる」人間関係

さとり世代の最大の特徴は、「中高生のときから携帯電話を持ち始めた、日本で最初の世代」ということです。この「ケータイ」、とりわけ「SNS」が、20代の人間関係の形を大きく変えています。

誰かに会うと、まずSNSでつながる。いったんつながると、関係は途切れずに続く。大げさにいえば、「『絶縁宣言』をしなければ、過去の知り合いとは関係が途切れない状況」に置かれているのです。

「SNSでつながると、連絡がとりやすく、恋愛も盛り上がるのでは?」と上の世代は想像しがちですが、それはまったく逆です。

誰もがSNSでつながる「SNS村社会」では、いろいろな情報が「筒抜け」です。「AくんとBさんが2人で街を歩いていた」「彼氏彼女がいるのに、違う相手と食事をしていた」という情報は、SNSによって一瞬に仲間内に広がります。

また、「Aくんは、Bさんに告白して振られた」「Aくんは、Bさんに対して、ひどい別れ方をした」という情報も、SNSを通じて瞬時に駆け巡ります。

そんな状況では、なかなか異性にアタックできないし、告白して失敗したときのダメージが大きすぎます。誰もが恋愛に一歩踏み出すことを躊躇する。情熱を燃やしてひとり暴走するような「イタイ」人にはならないようにと、過剰に周囲に配慮してしまうのです。

つまり、「つながりすぎる」人間関係が、恋愛のブレーキになっているのです。

次ページ恋愛離れの結果、「何」が起こっている?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT