後輩との関係:ときに伴走して支援するスタンスを

 

ちなみに早稲田大の渡辺氏も、自身は頭ごなしの指導を受けてきました。ただ、それは渡辺氏にとって反面教師だったのかもしれません。それでも古き、よき伝統として指導法を変えない監督もいますが、勇気を持って指導法を変えたこと……これが成果につながりました。

仮に自分が頭ごなしの指導を受けてきたとしても、イマドキの職場で活躍したいなら

「あなたの仕事の応援団です」

と手を差し伸べるようなスタンスで後輩に接するべきでしょう。ちなみにDさんは職場の後輩に対し、古きよき伝統を無視した伴走型のアドバイスを行っています。

「来年の今頃にはすべての商品が提案できる営業を目指そう。そのために応援しているよ」

と優しい兄貴のように接し、後輩が困っていると思えば、的確なアドバイス。また、仕事で成果を上げれば「よかった」と自分のことのように喜びます。このままDさんが会社を辞めずに頑張ってくれれば、職場は大きく変わることでしょう。

ただ、それまで先輩による頭ごなしの指導に耐えられるか? 辞めないことを願うだけです。

 

※写真はイメージです。本文とは関係ありません

 

 

高城 幸司(たかぎ・こうじ)
1964年10月21日、東京都生まれ。86年同志社大学文学部卒業後、リクルートに入社。6期トップセールスに輝き、社内で創業以来歴史に残る「伝説のトップセールスマン」と呼ばれる。また、当時の活躍を書いたビジネス書は10万部を超えるベストセラーとなった。96年には日本初の独立/起業の情報誌『アントレ』を立ち上げ、事業部長、編集長を経験。その後、株式会社セレブレイン社長に就任。その他、講演活動やラジオパーソナリティとして多くのタレント・経営者との接点を広げている。著書に『トップ営業のフレームワーク 売るための行動パターンと仕組み化・習慣化』(小社刊)など。

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 就職四季報プラスワン
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。