鈴木幸一の文明漂論 鈴木幸一著

鈴木幸一の文明漂論 鈴木幸一著

IIJの創業社長が日経の電子版に書きつづったコラム81編。創業時の苦労話が何度も出てくるのもブログならでは。商用ネット接続の草分けとして当初、官庁や金融機関の理解を得られなかった苦境を乗り越えて事業を成功させた今だからこそ語られる話だ。一方でインターネットの明と暗、可能性と怖さについての考察はさすがだし、旧メディアがネットによって本質的転換、正確には消滅を余儀なくされるとか、ネットの可能性は無限との主張には説得力がある。

折々の事件や事象、旅、世界から見た日本、そして身辺雑記といった話題は気楽に楽しめるようでいて、重い指摘が随所にある。東京・春・音楽祭を主宰するほどに入れ込んでいる音楽談義、とりわけ海外音楽家との交遊は驚くほど広く深い。離れがたい酒とたばこに音楽と読書、そこへ未踏の分野を切り開いてきた実績に基づくネット論議と社会時評が重なる、含蓄に富むエッセー集である。(純)

日本経済新聞出版社 1995円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。