先進的デザイナーのツールが激変している

「クリエイティブ=Mac」は過去のもの

アドビのデスクトップアプリケーションは、Windowsで最大のパフォーマンスが得られるように設計されている。

おそらく身の回りには、「デザインはMacでなければできない」と主張するデザイナーも多く、「デザイン=Mac」という印象を持っている読者も多いだろうが、そのイメージはすでに過去のものだ。動作速度の最適化もさることながら、アドビが力を入れているのはタッチインターフェイスへの対応だ。

タッチインターフェイスをサポート

Surface Pro 3も、デモに登場していた。これまでの定番アプリにタッチやペンの操作を加えることで、より直感的な作業を実現することができる

今回のAdobe Maxで披露されたアプリケーションは、Windowsのタッチインターフェイスのサポートを進めており、PhotoshopやIllustratorといった描画系のアプリ以外でも、共通のジェスチャーを取り入れることで、効率的な操作を実現するようになる。

ではアップルのデバイスがタッチ操作の蚊帳の外か、と言われるとそうではない。iPhone、iPadなどのスマートフォン、タブレット向け製品へも、並々ならぬリソースが注がれている点も印象的だった。

たとえば、主力のPhotoshop製品には、フォトレタッチアプリのPhotoshop Fix、写真合成を行うためのPhotoshop Mix、本格的なスケッチが行えるPhotoshop Sketchなどが用意され、各々の機能をシンプルでわかりやすい操作性で実現している。また写真を仕上げるために利用するPhotoshop Lightroomにもモバイルアプリ版が充実している。

またカメラを使って写真から色や形、模様を採取するAdobe Capture CCや、簡単にレイアウトデザインを行うことができるAdobe Camp CC、簡単なビデオ編集を行うことができるAdobe Premier Clipなどのアプリは、アドビ製品での作品製作の「きっかけ」を与えてくれる製品として位置づけられる。

アドビによると、こうしたモバイルアプリをきっかけにしてAdobe IDを作成したユーザーは1600万人を超えるという。

次ページモバイルはきっかけからワークフロートの中核へ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
クスリの大罪<br>製薬会社、医師、薬局…癒着の構図

薬の処方はどうやって決まるのか。「病状」だけだと思ったら大間違いだ。製薬マネーを介した癒着の構図を明らかにし、学会有力者への謝礼金リストを初公開。ムダな薬による深刻な健康被害にも言及。その薬、本当に必要ですか?