アメリカはカムバックする! 斎藤 彰著

アメリカはカムバックする! 斎藤 彰著

悲観材料なら米国にはいくらでもある。巨額の財政赤字、高い失業率、製造業の衰退とマネーゲーム化した経済、軍事的な袋小路、極端な所得格差。だが本書は逆に米国の底力に目を向ける。増え続ける人口は活力の源泉であり、ヒスパニック系やアジア系の移民がITなど新産業の起動力となる一方、農産・水産・地下資源の潜在的宝庫である豊かな国土、ソフトパワー大国の源泉となっている若者の起業やイノベーションなど、既知のようでいて意外な盲点となっている事実が紹介される。

憲法がつねに修正されているように、米国はまだ発展途上で成熟前の若い国であり、国民の求心力にも支えられて、さまざまな矛盾を抱えながらもさらなる高みへ突き進む可能性を秘めているという。新聞特派員としての長い駐在体験で得られたエピソードやインタビューの挿入も効果的だ。米国が直面する諸課題の分析、日米同盟への提言も傾聴に値する。(純)

ウェッジ 1890円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。