アメリカはカムバックする! 斎藤 彰著

アメリカはカムバックする! 斎藤 彰著

悲観材料なら米国にはいくらでもある。巨額の財政赤字、高い失業率、製造業の衰退とマネーゲーム化した経済、軍事的な袋小路、極端な所得格差。だが本書は逆に米国の底力に目を向ける。増え続ける人口は活力の源泉であり、ヒスパニック系やアジア系の移民がITなど新産業の起動力となる一方、農産・水産・地下資源の潜在的宝庫である豊かな国土、ソフトパワー大国の源泉となっている若者の起業やイノベーションなど、既知のようでいて意外な盲点となっている事実が紹介される。

憲法がつねに修正されているように、米国はまだ発展途上で成熟前の若い国であり、国民の求心力にも支えられて、さまざまな矛盾を抱えながらもさらなる高みへ突き進む可能性を秘めているという。新聞特派員としての長い駐在体験で得られたエピソードやインタビューの挿入も効果的だ。米国が直面する諸課題の分析、日米同盟への提言も傾聴に値する。(純)

ウェッジ 1890円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。