三井物産、"植物から作った卵"を食卓へ

米国ではセブン-イレブンも採用

ジャストマヨで作るサンドイッチのお味はいかに

HC社には世界的に著名な投資家も期待する。三井物産のほかに、ジェリー・ヤン(ヤフー共同創設者の一人)や香港の巨大企業・長江実業グループのホライズン・ベンチャーズ、シンガポール政府傘下のテマセクも出資している。

今回、比率にすると2.26%に過ぎないが、ファンドではなく事業会社がHC社に出資するのは三井物産が初めてとなる。事業提携という形で日本での販売権を取得し、まずは食品メーカーへの売り込みから始める。今後、日本でも米国同様、植物卵を原料にした製品が広がっていくかもしれない。将来的には、アジアへの展開も狙うとしている。

今回は実験的な投資

実は2年前にもHC社への出資を検討したことが、三井物産はあった。ベンチャー投資子会社である三井物産グローバルインベストメントが投資先の一つとして着目した。HC社は今年度売上高で20~40億円を見込むなど、いまでこそ急成長期に入っているが、当時は数ある動物タンパク代替食品ベンチャーの一つでしかなかった。キャピタルゲインを狙うのにもすでに機を逸しており、投資は見送られた。

今回は2014年8月に導入された、新規事業創出プログラム「Karugamo Works(かるがもワークス)」の1号案件。短期的な収益の取り込みが目的ではなく、通常の投資審査ではすくいきれない、新領域への実験的な投資と位置づける。

「不確実な案件ではあるが、そのぶん当たったときの伸びは大きい」(経営企画部イノベーション推進室長の中野行庸氏)。三井物産が温める“人造の卵”は孵化するか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT