金正日の死に涙する北朝鮮国民の心の内--イアン・ブルマ 米バード大学教授/ジャーナリスト

一国の国民全体が発狂することがありうるのだろうか。確かにそう見えることは時々ある。数十万人の北朝鮮人が金正日の死を悲しんで泣き叫ぶ様子には、何か非常に不安な気持ちにさせるものがある。しかし、それは何だろうか。集団的な妄想の実行だろうか。集団的なマゾヒズムの儀式だろうか。

金正日は残酷な独裁者だった。自分自身は、フランスの最高級ブランデー(一説には年50万ドル相当)に、東京から空輸される新鮮なすし、カネで雇えるかぎり最高のシェフたちと、やりたい放題だった。その一方で、数百万人の国民が餓死した。だが、この国では、虐げられ、踏み付けにされてきた大勢の国民が、愛する父を失ったかのように、金正日の死を嘆き悲しんでいる。

平壌において人前で嘆き悲しんでいる人々は最高の特権階級に属しており、劇的な叫び声は、悲しみを表現する朝鮮の伝統的な方法である。ただ、そうであるとしても、北朝鮮発で放映された振る舞いは常軌を逸しているように見える。納得できる説明はあるのだろうか。

第一に、こうした例は北朝鮮だけに限ったことではない。ポーランドほどスターリンの残酷さに苦しめられた国はないが、多くのポーランド人もスターリンの死後に人前で嘆き悲しんだ。もちろん、これが強要された可能性はある。それは恐ろしい形の自己卑下の強要である。ひどい仕打ちを我慢するだけでなく、虐待者に感謝し、その死を嘆かなければならないのだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。